*PROFILE* 主に旅行誌で活動中の女性エディター/ライター、平林朋子。 食と酒と猫と海と沖縄を心から愛し、国内外を行脚中。 雑誌・書籍の企画、編集、執筆、何でもおまかせください。丸ごと一冊発注もOK!


by nekonohana0330
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ベスト・オブ・八重山そば #2

さて、八重山そば プチ連載の第2回。
今回は変り種をご紹介したいと思う。

石垣島の中心街にあるその店の名は、「台湾料理 美好」。
電話番号もあるのかどうかわからない、謎の店だ。
営業日も営業時間もはっきりしなくて、
行ってみて開いていたらラッキー、という感じ。
今までに何度も足を運んだけど、打率はかなり低かった。
営業中の場合でも、店内は外から見えず、
「営業中」という札が掛けてあるのが、オープンしている唯一の証。
だからいつも、行ってみるまでドキドキなのだ。

石垣飲んだくれナイトが明けて、ちょっと泡盛が残っている日は、
どうしてもここのそばが食べたくなる。
a0151355_18464432.jpg

台湾料理というだけあって、スープに八角が使ってあるのか、
独特の風味が体に沁み込むのだ。
体内に残っている?泡盛とも、至極相性がいい。
八重山そばというにはかなり亜流だけれど、気に入っている。

先日久しぶりに行ったときは、昨今のラー油ブームに乗ってか
ラー油がトッピングされていた。
この辛味もなかなかよいのだけれど、
前の八角が効いたスープの方が、個人的には好きだった。

女将さんが台湾の方らしく、いつも一人で切り盛りしている。
また運試しに、石垣に行ったら寄ってみたい店だ。
a0151355_1847720.jpg

[PR]
by nekonohana0330 | 2010-09-22 18:50 |