*PROFILE* 主に旅行誌で活動中の女性エディター/ライター、平林朋子。 食と酒と猫と海と沖縄を心から愛し、国内外を行脚中。 雑誌・書籍の企画、編集、執筆、何でもおまかせください。丸ごと一冊発注もOK!


by nekonohana0330
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

八幡山の「かわしまや」さんに行ってきた

昨年末のことになるが、毎年恒例のメンバーによる忘年会が行われた。
そのメンバーとは、
わたしがコムスメの頃からお世話になっている
敏腕(オヤジ)カメラマン、金田邦男さんと、
オヤジの憧れ雑誌「レ●ン」のデスクのいとうくん。
二人とも腕利きのプロフェッショナルだけど、
20年近いお付き合いになるので、気兼ねなく楽しく飲めるのだ。

訪れたのは金田さんご推薦の、京王線八幡山駅にほど近い「かわしまや」さん。
料理とお酒にはかなりウルサい金田さんのお墨付きの和食のお店とあって、
以前から楽しみにしていた。
a0151355_22153668.jpg

男前の親方と、愛らしい女将の綾さんが立ち働くこのお店は、
改装工事を終えて、昨年12月12日にリニューアルオープンしたばかり。
もともとは寿司屋だったそうで、刺身の新鮮さは折り紙付き。
長野県信州中野から直送された朝採りの有機野菜の刺身、
生牡蠣、近江牛すじ肉と野菜の煮込みと、
お酒がくいくい進むメニューが揃う。
中でも絶品だったのは、自家製の塩辛。
実はあまり塩辛は好きではないのだが、
ここのはまったく生臭くなく、塩加減もほどよく、お持ち帰りしたくなるほどの逸品だった。

金田さんセレクトの日本酒をばんばん飲み(絞りたての生酒、最高です)、
旧交を温めあった(そのほとんどは馬鹿話ばかりだけど)。
盛り上がり過ぎたおかげで、料理の写真を撮っていないのに気付いたのは、
すべて平らげた後だった……。

リニューアルオープンを心待ちにしていた地元のファンも
さぞ多かったことだろう。
普段乗らない路線の電車にわざわざ乗ってでも、また行きたいと思えるお店だ。
[PR]
by nekonohana0330 | 2010-01-05 22:17 |