*PROFILE* 主に旅行誌で活動中の女性エディター/ライター、平林朋子。 食と酒と猫と海と沖縄を心から愛し、国内外を行脚中。 雑誌・書籍の企画、編集、執筆、何でもおまかせください。丸ごと一冊発注もOK!


by nekonohana0330
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:本( 3 )

最近は、仲良くしていただいている方々の出版ラッシュで嬉しい限り。
この不況の真っ只中にあって、
特に出版業界は媒体が次々と休刊している状況が続いている。
(今日も、講談社の「東京一週間」が6月に休刊するというニュースが…)
そんな中、腕のいいライターさんやカメラマンさんが
素敵な本を出しておられることに、励まされる。
わたしも早く沖縄本を出せるようにがんばらねば☆

今日ご紹介するのは(なんだか料理番組っぽい)、
友人でもあり、仕事仲間でもあり、海の師匠でもある
むらいさちさん(男性です)の本。
その名も「カメラ*好き」
うーん…かわいいタイトルだ…。
a0151355_18563233.jpg

近年、一眼レフやコンパクトカメラで写真を撮る女性が増えていて、
ブロガーにもプロ並みの写真を撮る人たちが急増中。
「女子カメラ」という雑誌の売れ行きも好調だそうで、売切れる号もあるのだとか。
そんな背景の中、満を持しての登場となった。

むらいさんの写真は、夢の中で見たような色彩というか、
やわらかくてやさしい色合いが魅力だと思う。
同じものを見て撮ったとしても、どうしてこんな色になるのかと思うことが多い。
特にマクロレンズで限界まで花に寄って撮った写真には、小宇宙さえ感じてしまう。

もともとはダイビングのインストラクターだった彼が
写真が好きで、一念発起して目指したのがカメラマン。
いまや「水陸両用カメラマン」となった彼の海の中の写真ももちろん素敵だけど、
陸の上の写真に“癒されている”人も多いことだろう。

プロとしての視点を持ちつつ、
アマチュアへの配慮も満ち溢れているマニュアル本なので
あまり写真に触れたことがない人も、手にとって見ていただけたらと思う。
きれいな写真たちが、すっと違う世界に連れて行ってくれるのではないだろうか。
また価格も手頃なので、カメラ初心者にマッチしていると思う。

紆余曲折あり、涙あり笑いあり!?で
この本を出版されたことを、本当に嬉しく思っています(ってエラそう?)
むらいくん、おめでとう!

**********************

「カメラ*好き」
定価:1,280円(税抜き:1,219円)
発行元:毎日コミュニケーションズ

**********************

明日から、和歌山取材に行ってきます。
熊野古道を歩いてきます・・・…渋い。
[PR]
by nekonohana0330 | 2010-03-24 19:01 |

ハワイからの贈りもの

最近は、ハワイのご縁が続いているかもしれない。

先日、いつも仲良くしていただいているライターの永田さち子さんと
ハワイ在住カメラマンの宮澤 拓さんが
「ハワイでお買いもの」という本を出版された。
おめでとうございます☆
a0151355_18551074.jpg

タイトルにはお買いものとあるけれど、
この本は、単なるモノやお店を紹介するだけのショッピング本ではない。
宮澤さんのカッコよくて、かつあたたかさが感じられる写真と、
永田さんのハワイを愛する気持ちがじんわりと伝わってくる文章。
その2つで綴られているのは、
ハワイだからこそ、生まれることができたものたちのストーリーだ。
そう長くない文章量なのに、なぜここで生まれたのか、
どうして愛されているのかがわかってくる。
知っているブランドも、初めて聞いたモノも、
すべてが新しく見えてくるから不思議だ。

水着やアロハ、リゾート・サンダル、ウクレレのようなハワイらしいものから、
わたしも大好きなマラサダ(ドーナツのようなもの)やチョコレートなどのおいしいもの、
さらにショッピングセンターやホテルまで。
ハワイに通って15年の永田さんの審美眼が選び取った、
素敵なモノやコトだけで溢れている本なのだ。

ハワイに行く予定があってもなくても
わくわくさせてくれる空気感が、この本には詰まっている。

*******************

「ハワイでお買いもの」
発行:マーブルトロン
発売:中央公論新社 
[PR]
by nekonohana0330 | 2010-03-20 18:58 |
昨年は、食のプロフェッショナルとお会いする機会に恵まれた。
そのお一人がフードコーディネイター、フードスタイリストの野口英世さんだ。
野口さんは、その道のプロがガイドしてくれるサイト、
「All About」の「スピードレシピ・料理」を担当されている。

その野口さんが、1月20日に新刊を出版された。
(おめでとうございます!)
「野口英世さんの簡単15分レシピ」という本だ。
a0151355_23495151.jpg

簡単に内容を紹介すると、
タイトルどおり「15分で作れる料理」が96メニューも掲載されている。
「All About」でユーザーに人気のメニューBEST10から始まり、
レンジでチンするだけでできるメニュー、
材料別に豚肉、鶏肉、野菜、魚、ごはんなどがカテゴライズされている。
また巻末には逆引コンテンツもあるので、
フライパンひとつで、鍋ひとつで、お弁当に、おつまみに、と
違った検索の仕方ができるのもいいアイディアだと思う。

個人的に作ってみたいのは、
絶対に時間がかかると思い込んでいた料理だ。
表紙にもなっているアクアパッツァ、菊花シュウマイ、キッシュロレーヌ……
今までちょっとめんどくさいな、と思っていた料理が15分でできるなら、
これは試してみなければ!

「簡単な料理って、あんまり美味しくないのでは……」と思ってしまいがちだが、
野口さんのは違う。
数回、手料理をご馳走になる機会があったが、
手早く、かつ美味しい。そして美しい。
スタイリストもされているので、
毎回センスのいいテーブルセッティングを見せてもらうのも楽しみの一つだ。

料理が上手な人というのは、
先々まで予測し、最大限まで無駄なく行動し、
そして手間を惜しまない人のことなのではないかと思う。

わたしにとって、野口さんはまさにそういう人なのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「野口英世さんの簡単15分レシピ」
主婦と生活社 980円
[PR]
by nekonohana0330 | 2010-01-25 23:56 |