*PROFILE* 主に旅行誌で活動中の女性エディター/ライター、平林朋子。 食と酒と猫と海と沖縄を心から愛し、国内外を行脚中。 雑誌・書籍の企画、編集、執筆、何でもおまかせください。丸ごと一冊発注もOK!


by nekonohana0330
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:沖縄( 9 )

沖縄、やっぱりLOVE!

昨日、沖縄から戻ってきた。
台風の影響が若干あったけれど、現地では毎日天気もよくて助かった。

100回以上行っていても、東京に戻ってきてからしばらくは
心が沖縄に残ってしまう。
魂のことをウチナーグチ(沖縄の言葉)で「マブイ」というが、
まさにマブイを落としてきてしまったようだ。
a0151355_23463164.jpg

この写真は、石垣から那覇に向かう夕暮れ時の飛行機から撮ったもの。
凪いだ海に浮かぶ慶良間諸島の眺めと、
たなびく雲と暮れゆく夕焼けが切なくて、
気付くと何枚もシャッターを切っていたのだった。

また沖縄に行くことを考えるのもいいけれど、
まずは目の前に迫っている原稿を書かなくては!!
がんばります☆
[PR]
by nekonohana0330 | 2010-09-09 23:48 | 沖縄
心を入れ替えて続けますと宣言したのに、相変わらずサボりがちのブログ…
いけないいけない(汗)。

先日、長らくお世話になっている美容院の「D'HATZ(ダハッツ)」に取材に行ってきました。
(実は結婚式のヘアメイクもこちらにすべてお願いしたくらい、心から信頼しているサロンなのです)
今回は沖縄の雑誌「momoto」の連載で、
「東京でがんばっている、うちなーんちゅ(仮)」を担当することになったのです。
なんと、今回は写真も自前で…(汗)。
美容師の上原ヒロ子さんを撮影させていただいたのですが、
フレンドリーなお人柄をそのまま写し取らせていただくことができたように思います。
これも上原さんのおかげです!
(写真は、雑誌掲載までお楽しみに☆)

改めて沖縄から上京して、美容師として成功されるまでの道のりを伺うと、
夢を形にできる人というのは、努力を惜しまず
それを人知れず続けることができる人なのだなと思いました。
そして、その仕事そのものを愛していることが大切なのだと
しみじみと実感……。
ジャンルは違えど、モノをつくる仕事なので、共感できる部分もたくさんあり、
頷きまくってしまいました(笑)。

上原さんのインタビューが掲載される「momoto」は
10月16日発売予定ですので、また近くなりましたらお知らせしますね~☆

そうこうしているうちに、明日から沖縄です。
おいしいお店などなど、新情報のリサーチも兼ねて行ってきます!

写真がなくて寂しいので、今回はウチの陰のボス、もみじをどうぞ♪
女子なのに、この迫力……。どうしたもんでしょうね(汗)。
a0151355_2346181.jpg

[PR]
by nekonohana0330 | 2010-09-04 22:17 | 沖縄

今帰仁城跡で眠る猫

沖縄のやんばる(北部)に、今帰仁城(なきじんじょう)の城跡がある。
14世紀に琉球王国三山時代の三山の一つ・北山王の居城で、
沖縄県でも最大級の城跡だそうだ。
a0151355_23144280.jpg

今帰仁城跡は、2000年(平成12年)11月に首里城跡などとともに
琉球王国のグスク及び関連遺産群として
ユネスコの世界文化遺産に登録されている。

沖縄では城のことをグスクという。
今では城壁しか残っていないけれど、
ここに来ると青い海からのぼってくる風を感じることができる。
昔の王もこのグスクから海や街を見ていたのかと思うと、感慨深い。
a0151355_23112919.jpg

この猫は、城壁まで登る道の途中で。気持ちよさそうに昼寝をしていた。
世界遺産であろうとなかろうと、
猫にとって居心地のいい場所なのだろう。


明日から、東北取材に行ってきます。
沖縄とは違って寒いけれど……。
[PR]
by nekonohana0330 | 2010-03-05 23:16 | 沖縄
実際には塩害などで大変だとよく聞くけれど、
やっぱり海が見える家に、いつか住んでみたい!
できれば大好きな沖縄に……。
a0151355_0403514.jpg

この写真は、石垣島にあるホテルから撮ったもの。
オーナーの別荘も兼ねており、
広大な庭には大きなプールやバーまであり、本当にうらやましい限りだった。

テラスからは海を見下ろせて、
その奥にはバスルームがある。
バスタブに入りながら海を眺めるひとときと言ったら……!

いつかあんな家に住めるように、せっせと働こう(笑)。
[PR]
by nekonohana0330 | 2010-02-06 00:42 | 沖縄

美ら海水族館の楽しみ方

沖縄に行く多くの観光客が訪れる場所、「美ら海(ちゅらうみ)水族館」
2002年のオープン以来、2008年の段階ですでに入場者数は1500万人を突破。
2007年には長年観光地としてトップだった首里城の入場者数を抜いたという。
a0151355_112316.jpg

ここは世界最大級のアクリルパネルを用いた大水槽が有名だが、
実は館内に入らなくても楽しめるスポットがたくさんあるのだ。
a0151355_130335.jpg

オキちゃん劇場では、1日4~5回、イルカやオキゴンドウたちのショーが無料で行われている。
またそのすぐ近くにあるイルカラグーンでは、
イルカたちが自由に泳ぎまわっている姿を見ることができる。
ここでは1日3回のイルカラグーンショーに加え、
イルカふれあい体験・イルカ観察会を行っていて、
イルカの運動能力や識別・学習能力についてわかりやすく紹介してくれる。
a0151355_1302664.jpg

そしてこのラグーンには、バンドウイルカの「フジ」がいる。
2002年秋、病気で尾びれの75%を失ったフジ。
イルカは尾びれがないと泳ぐことができず、生死にも関わる。
そのため、美ら海水族館ではフジの尾びれをつくり、
イルカの尾びれがもつ役割を科学的に検証することを目的として、
株式会社ブリヂストンの全面的な協力のもと、人工尾びれプロジェクトを開始した。
a0151355_132977.jpg

わたしが訪れたときには、すでに何度も試作された尾びれが展示されており、
フジは他のイルカと変わらない様子で自由に泳いでいた。
人懐こいようで、カメラを向けると擦り寄って来てくれたのが印象的だった。
このエピソードは、2007年に映画「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ 」にもなっているので、
興味のある方はご覧になってみてはいかがだろうか。

イルカ好きなもので、ついついイルカに偏りがちになってしまったけれど、
ほかにもマナティー館やウミガメ館なども無料で見学できる。
この水族館、本当に太っ腹だ。
(正確にいうと、海洋博公園だけれど)

ちなみに、夏場は混んでいる上に外はとても暑いので、
トップシーズンをちょっとはずして行くのがおすすめ。
慌しく回るのではなく、時間を長めにとって
館内と屋外の施設をゆっくり見学しつつ散策すると、より楽しいと思う。
[PR]
by nekonohana0330 | 2010-01-19 01:22 | 沖縄

竹富島の夕陽

a0151355_23593180.jpg

沖縄の竹富島には、夕方に旅行者が集まる場所がある。
それがこの西桟橋だ。
民宿での夕食を終えた旅行者は、自転車や徒歩で桟橋を目指す。
そして西表島の向こうに沈む夕陽を、
ある人はおしゃべりをしながら、ある人はただ黙って見つめる。
太陽が沈んだ後は、空が刻一刻と変わる黄金色のグラデーションで彩られる。
夕陽を眺めるのもいいが、この「黄昏時」が一番好きかもしれない。

実は夕陽が水平線や地平線に沈む姿を見られるのは、あまり多くないと思う。
今日は大丈夫かな、と思っていても、
水平線近くになると薄く雲がかかっていたりして、
気が付くと姿が見えなくなっていたりする。
だから、まんまるな太陽が沈む姿を最後まで見られたときは、ちょっと幸せな気分になる。

夕焼けが終わったら、宿に戻るのもいいけれど、
ビーチに出て缶ビールを片手に、文字通り降るような星に包まれるのもいい。
珊瑚が敷き詰められた道が、月に照らされて白く浮かび上がる情景も美しい。

竹富島に限らず、沖縄の離島の楽しさは夜にあると思う。
日帰りの観光客が最終の船で帰った後、島は本来の静けさを取り戻す。
宿で夕食をいただきながら、おじいやおばあと話した後は、散歩へ出かけよう。
夕焼けや星を眺めながらのひとときは、きっと思い出に残るはずだ。
「ちょっと観光すればいいだけだから、日帰りでもいいよね」と言わず、
ぜひ泊まって、その島の魅力に触れてほしい。
[PR]
by nekonohana0330 | 2010-01-12 23:47 | 沖縄

沖縄で古民家に泊まる

せっかく沖縄に行くのなら、
「沖縄らしさが感じられる古民家に泊まりたい!」という人も多いかと思う。
竹富島などの離島には、懐かしい佇まいの民宿も多いけれど、
本島には意外と少なかったりする。
a0151355_1912552.jpg

以前取材に訪れた「琉球古民家ちゃんや~」は、
本部(もとぶ)半島の備瀬崎(びせざき)にある。
緑豊かなフクギの木のトンネルが連なり、遠く響く波の音と鳥のさえずりが聞こえる……。
昔ながらの沖縄の風景が残る、貴重な場所だ。

「元々この家には曾祖母、祖母が住んでいたんですよ。
築45年ほどの家がずっと空き家になっていたので、
4年前ほど前に、宿と食事処を始めました」と
オーナーの喜屋武さんは言う。

写真の母屋は食事処として使われていて、
「やんばる島豚あぐーの陶板焼き」2800円などのメニューが味わえる。
先日ご紹介した激ウマ豚あぐーのほか、
ちゃんぷるーや島らっきょう、海ぶどうまで付いている
このコースは、本当にお値打ちだと思う。
なので宿泊できない場合は、ランチやディナーに訪れるのもお勧めだ。
(完全予約制なので、事前に必ずご連絡を)

また喜屋武さんは泡盛にも詳しく、地元の酒造元のものを中心に
いろいろな銘柄を揃えているので、ぜひ食事と共に味わってほしい。
沖縄料理には、やはりその地元の泡盛が一番合うと思う。

宿は1日1組限定で、1棟丸ごと貸し切ることができるので、まるで自分の家のよう。
わたしも後日プライベートで泊まったときは、ついダラダラと過ごしてしまった。
3軒所有しているので、好みに合わせて選ぶことができる。

喜屋武さんに沖縄の楽器・三線を習うこともできるし、
フクギの並木道を散歩したり、歩いて1分のビーチで泳ぐのもいい。

あわただしく観光スポットを回るのではなく、
こういう個性的な宿に泊まって、ただのんびりと過ごす……。
そんな旅が、一番贅沢だと思う。
[PR]
by nekonohana0330 | 2010-01-07 19:28 | 沖縄

一番好きな海

今日は、明日入稿の原稿でドタバタ。
なので、大好きな海をさくっとご紹介。

器材も何もいらず、ふらっと気が向いたときに潜れる素潜りが好きで、
日本と世界の海で機会があれば潜っている。
どこが一番好きかというと、やっぱり沖縄だろう。
沖縄の海はどこも素敵だけれど、慶良間諸島の海が一番いい。
明るくて、透明で、本当に素晴らしい。
a0151355_18281749.jpg

中でも阿嘉島のニシバマビーチが一番好きだ。
適度に深く、珊瑚の根もたくさんあって、
このままずっと潜っていたいと思ってしまう。
ここは、環境保全のために数年クローズしていたこともある。
そのおかげもあって、今でも美しいビーチが保たれているのだ。

座間味島の古座間味ビーチもいいところだけれど、
魚への餌付けをやりすぎてしまっていて、とても残念に思う。
魚が寄ってくるのは観光客にとって嬉しいことなのかもしれないけれど、
生態系になるべく影響を与えないように
魚たちの生活をそっと覗かせてもらう、というスタイルにできないだろうか。


阿嘉島のヒズシビーチでは
夏になると、ビーチバーが密かにオープンする。
星座が見分けられないくらい、星がびっしり並んだ夜空を眺めながらの
オリオンビールや泡盛は、どこで飲むよりおいしく感じるのだ。
a0151355_18364498.jpg

[PR]
by nekonohana0330 | 2009-12-21 18:42 | 沖縄

なぜ沖縄が好きなのか?

仕事柄、国内外への取材が多い。
中でも沖縄へは取材とプライベートも含め、100回以上訪問している。
ある時ふと数えてみたら、有人島48島のうち35島を訪れていた。

こういう話をすると、よく聞かれる。
「なぜそんなに沖縄が好きなの?」と。

海が好きだから、とか
a0151355_23443645.jpg



沖縄料理と泡盛が好きだから、とか
a0151355_23445723.jpg



沖縄の文化が好きだから、とか……
a0151355_2345172.jpg


多分、はっきりとした「コレ!」といった理由はないのだと思う。
おいおい、それでいいのかい・・・…と自分でも突っ込んでしまいたくなるが、
一言で言えば、肌が合うのだろう。

最初に沖縄に行ったのは確か25歳くらいの時。
仕事で、西海岸のホテルの取材だった。

そのあと、数年ブランクがあり、仕事でもう一度行った後だっただろうか、
それからいわゆる「沖縄病」にかかってしまった。

飛行機で沖縄を離れるとき、妙に泣けてしまったりとか、
本島だけでは飽き足らず、離島にもどんどん足を伸ばしてしまったりとか。
気付けば、日本最西端の与那国島や最南端の波照間島まで、
一人旅してしまっていた。
これはいわゆる「離島病」というやつで、沖縄を旅する多くの旅行者がかかるものだ。

その後、沖縄でいろいろな人に会い、さまざまなことを知れば知るほど、
単に「好き」なだけではダメだということに気付かされた。

よく沖縄の人はフレンドリーでいいよね、という人がいるが、
わたしはそうは思わない。
とてもシャイで、そしてよそ者に密かに厳しい。
厳しいという表現は違うかもしれないけれど、
目に見えない境界線を引かれているなー、と思うことが多い。
いったん打ち解けると仲良くしてくれる人も多いけれど、
この境界線はきっと、どれだけ仲良くなっても、
たとえ移住しても、変わらないのかもしれない。
沖縄の人ではない人間が立ち入ってはいけない場所が、あるのだと思う。

それは沖縄を揺さぶり続けてきた、
長い激動の歴史から生まれたのかもしれない。
しかし、それを今ここでわたしなどが端的に語ることはできない。
あまりに重く、難しい……。

やはりあの島は、特別な場所なのだ。
日本であって、日本ではないところ。

でもいろいろと難しいことを考えてみたところで、
結局は飛行機を降りた瞬間に、むわっと体ごと包み込んでくれる、
あの南国の雰囲気が忘れられなくて、通い続けてしまうのかもしれない。
沖縄を愛する、多くの旅行者と同じように。
[PR]
by nekonohana0330 | 2009-12-16 23:47 | 沖縄