*PROFILE* 主に旅行誌で活動中の女性エディター/ライター、平林朋子。 食と酒と猫と海と沖縄を心から愛し、国内外を行脚中。 雑誌・書籍の企画、編集、執筆、何でもおまかせください。丸ごと一冊発注もOK!


by nekonohana0330
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

先日、お手伝いさせていただいた料理本の
「組み合わせいろいろ
毎日食べたい! サンドイッチ&スープ」
が出版された。
著者は濱田美里先生で、お料理がおいしいだけでなく、お若くて美しい方。
お着物がとてもお似合いで、
お料理されている姿に思わずうっとり見とれてしまった。
a0151355_2215393.jpg

簡単でおいしく作れるサンドイッチとスープのレシピのほかにも
ホームベーカリーを使ってのパンづくりのレシピもあるので、
ぜひチラっと見てみてくださいね~☆
価格も1,365円とお手頃です♪

☆レシピの一例
●サンドイッチ
クロックムッシュ、レンコンサンド、里芋とベーコンのサンド、
洋梨と生ハムのサンド、焼豚とクレソンのサンドイッチ、スパイシーツナサンド、
豆ペーストのオープンサンド…etc.

●スープは、肉団子のスープ、ボルシチ、トムヤムクン、麦のスープ、
アボカドとトマトのスープ、栗のスープ、ゆり根のスープ…etc.

●ホームベーカリーで作る、サンドイッチに合うパン
(食パン、オートミールパン、干しイチジク入りパン…etc.)

*****************
「組み合わせいろいろ
毎日食べたい! サンドイッチ&スープ」
濱田美里先生著
PHP研究所
1,365円
*****************
[PR]
by nekonohana0330 | 2010-04-26 22:16 |
UCC上島珈琲株式会社の「ブルボンポワントゥ」という
レアなコーヒーの限定発売についてのプレス発表会に出席してきた。
a0151355_2325331.jpg

「ブルボンポワントゥ」とは、
インド洋に浮かぶフランス海外県・レユニオン島でのみつくられるコーヒーのこと。
1942年にいったん生産が途絶えたため「幻のコーヒー」と言われ、
UCCが主体となった7年にわたる調査・研究の結果、
ついにこのコーヒーが4年前に甦ったのだそうだ。

「ブルボンポワントゥ」はレユニオン島で独特の進化を遂げたため
ここでしか生産をすることができない。
そしてコーヒーは1本の木から通常400gほど収穫できるのだが、
この種類はなんと1/4にあたる100gのみ。
年間に収穫できる量がかなり少ないため、希少価値が高いのだ。

このコーヒーの特徴は豆の先端が尖っているため、
フランス語で「尖った」という意味を持つ「ポワントゥ」という名前が付けられた。
また現在流通しているアラビカ種のコーヒー豆に比べて
カフェインの含有量がほぼ半分の0.6%であるため、
味わいもやわらかく、まろやか。
甘い香りと、冷めかけてもおいしいというのもポイントだ。
a0151355_2391011.jpg

この日にゲストとして登場した女優の真矢みきさんも試飲して
「小さなカップから天空の世界が見えるほど
甘い、極上の香りがします。
このコーヒーが育った島の香りを感じました」とコメントしていた。
(真矢さん、とてもお美しかった…光り輝いていました)

さて、気になるお値段だが、100gで8000円ナリ。
4/21現在、すでに4/28出荷分の受付は終了しており、
5/13の出荷分を受付中だそうだ(予約は5/5まで)。
2000セット限定の完全予約販売なので、気になった方はすぐ予約を☆
UCCオンラインショップ「いっぴん珈琲」
[PR]
by nekonohana0330 | 2010-04-21 23:06 |
会津・東山にある窯元「会津慶山焼」を訪れた。
ここでは地元の土から精製する粘土と
欅と籾殻の灰を調合したオリジナルの釉薬から、さまざまな器が生み出されている。
土も釉薬も全て窯元で作るのは全国でも珍しいそうで、作り手のこだわりが感じられる。
慶山焼の歴史は約150年ほど前に始まったが、
残念ながら戦後間もなく途絶えてしまった。
その後、文献などを参考にしつつ
試行錯誤を繰り返して36年前に復興し、
今ではこの窯元だけがその歴史を伝えている。
a0151355_2318576.jpg

写真の手前にあるのは、店舗で販売されていた「変わり一輪挿し」2625円。
淡く絶妙な色と、その形に一目で惚れ込んでしまって、2つも買ってしまった。
剣山がなくても、野の花などを簡単に活けることができるというのも素敵だけれど、
この一輪挿し自体が、すでに花のようだと思った。
(奥にあるのが、今回作らせていただいた湯呑み。
販売されている作品と並べさせていただくのも、おこがましいけれど……)
a0151355_23185479.jpg

ここでは陶芸体験も可能だ。
手びねり体験と絵付け体験があるが、
今回は手びねりをさせていただいた。
ろくろは使わず、粘土をこねて
自分の手だけで湯呑みの形を作っていく。
没頭しているうちに、いびつではあるが、なんとか湯呑みらしきモノが出来上がった。
不細工だけど、これはこれでかわいいと思ってしまうところが、親?の欲目(笑)。

ちょうど先日、焼き上がった湯呑みが到着した。
淡いブルーの色が懐かしく感じられ、自分の手にフィットする。
自分への土産として、これ以上のものはないかもしれないと思った。

米沢・会津の取材レポートは今回で最終回。
今回の取材では、地元の方々の多大なるご協力をいただきました。
この場を借りて、皆様にお礼申し上げます。
[PR]
by nekonohana0330 | 2010-04-19 23:21 |
昨年から着物を着るようになり、履物にも興味が出てきた。
下駄のいいものが欲しいと思っていたら、
取材先で会津桐下駄をつくっている西尾桐材店のご主人、
西尾容典さんにお会いすることができた。

会津の厳しい寒さの中で育った会津桐は、
年輪が緻密で木目が美しく光沢があり、また丈夫で軽いことで知られている。
その会津桐を用いた下駄は、優れた吸湿性を持ち汗を吸い取るため、足によく馴染む。

また会津では女の子が生まれたら桐を植え、
お嫁入りする際に箪笥をこしらえて持たせるという
美しい習慣があるのだそうだ。
a0151355_2329022.jpg

この道40年の西尾さんは下駄だけでなく、さまざまな工芸品を生み出す職人さんだ。
今回は西尾さんに教えていただきつつ、桐下駄をつくる体験をさせていただいた。
ただし全工程はあまりにも難しいので、
わたしは蝋でツヤを出し、鼻緒をすげるところだけを担当。
これが簡単なようでいて、なかなか難しい。
蝋をまんべんなく塗ることで、水を弾くようになるのだが、
なかなか全面にきっちりと塗りこむことができなくて、
西尾さんに何度もフォローしていただいた。

履物はなんといっても足にフィットすることが大切だ。
鼻緒の加減を西尾さんに見ていただきつつ、すげていく。

西尾さんに写真を撮らせていただきたいとお願いしたのだが、
笑いながら「ダメだよう」とかわされてしまった。
しかし奥様とともに朗らかにお話される姿はとても素敵で、
ご自宅にお邪魔して縁側で行った作業は、本当に楽しかった。

そしてこの下駄は、着物だけでなく
ジーンズなどに合わせても似合うというのもいい。
夏らしさが出るように藍色の鼻緒を選んで、ちょうどよかったようだ。

この夏、セミオーダーメイドの下駄デビューが、楽しみでしかたない。

*桐下駄制作体験は、1週間前までに要予約。
繁忙期には受け付けていないこともある。
[PR]
by nekonohana0330 | 2010-04-14 23:34 |
会津で、もう一度行きたい場所に出合った。

それは、「農家民宿 穂多瑠(ほたる)」だ。
ここでは近隣で農薬を使わずに栽培したお米と野菜を用いた
会津の郷土料理を、オーナーの高津志津子さんのご自宅でいただくことができる。
a0151355_018671.jpg

この日はランチのみお願いしたのだが、
以下にざっとお品書きを挙げてみよう。
(料理内容はおまかせで、その日によって若干異なる)

食前酒       
ぜんまい煮       奥会津山菜の王様、乾燥ぜんまいの辛煮
黒豆煮         煮豆の金箔のせ
にしんの山椒漬    身欠ニシンと山椒の葉を合わせ酢漬け
本棒たら煮       干し棒マダラのしょうゆ煮
まぐろの刺身     まぐろのシソの実まぶし
穂多瑠野菜煮     かぶの煮物
穂多瑠天ぷら     朝鮮人参・山菜・エビ・饅頭の天ぷら
煮込みハンバーグ
こづゆ          里芋・きくらげ・豆麩など貝柱のダシで煮付けた汁物
会津コシヒカリ米   ほかほか炊きたて極上米
野菜の味噌漬     みょうが・ごぼう・きゅうり等
デザート        根付きの苺、ほうれん草のケーキ
a0151355_018343.jpg

このほか、高津さんが朗らかに笑いながら
採れたばかりのこの地方の野菜である「くきたち」の
おひたしを大鉢で追加で持ってきてくれたりして、
食べきれないほどの料理をいただいてしまった。

味付けはとても繊細で、
食材そのままの味がわかるように作られている丁寧さが感じられた。
取材続きで食べ疲れた胃にもとても優しく、ありがたかった。

これだけの料理を、高津さんが
ほぼお一人で作っているというのに驚かされる。
そしてこの品数の多さとクオリティの高さにも関わらず、
なんとランチもディナーも同料金で、1200円ほど!
(要予約。料理内容により料金は異なるが、上限でも1500円程度)

ここは農家民宿でもあるので、1日1組限定で宿泊をすることもできる。
さらに希望者は会津郷土料理作り体験(1000円)や、
季節の野菜のケーキ作り体験(500円)をはじめ、
米と野菜の作業体験、どじょう取り体験(500円~)まで
お願いすることができるのだそう。

宿泊も1泊2食付で5500円とお値打ちだが、
すべてにおいてとても良心的な料金だと思う。
自宅や近隣で摂れる野菜を使ってコストを抑えているそうではあるけれど、
やさしい料理の味とあいまって、
来る人に楽しんでほしいという高津さんの心遣いが感じられる。

近頃「農家レストラン」が流行っているが、確かに「おうち」で食事をしているような
なごやかな気分になれるのも、人気の秘訣なのだろうと実感した。
a0151355_019795.jpg

次回は食べるのはもちろん、
大好きな会津地方のお吸い物「こづゆ」の作り方をぜひ習って帰りたい。
[PR]
by nekonohana0330 | 2010-04-07 23:34 |
山形・米沢にある「染織工房 わくわく館」
米沢織のコースター作りを体験させていただいた。

米沢織は200年もの歴史があるといわれており、
江戸中期の名君、上杉鷹山公が
困窮をきわめた米沢藩の財政を救うため多くの産業を興し、
その一環として武家の婦女子に勧めた機織が、米沢織の発祥なのだそうだ。
a0151355_207729.jpg

好みの色の糸を選び、機織機の前に座り、先生に教わりながら機を織る。
簡単に言うとこれだけのことなのだが、まず糸選びからしてが楽しい。
米沢織では縦糸に絹糸を、横糸に紬の糸を織り交ぜていくのだが、
体験では縦糸があらかじめ織り機にセットされているので、横糸だけを選ぶ。
単色のものもあれば複雑な色合いのものもあり、まずここで悩むのだ。
コースターを2つ作るため、色が交じり合うように紡がれた赤系と青系の糸を選んだ。
この糸の選び方で、作品の仕上がりがまったく異なってくるのもおもしろい。
a0151355_2071791.jpg

最初と最後の作業は先生がやってくださるので、あとは織ることだけに集中すればいい。
慣れてくれば、1つのコースターを織るのに10分くらいでできるのではないだろうか。
ただ黙々と織る。
これがなんとも楽しく、次回はより大きいサイズのテーブルセンターに挑戦したくなってしまった。
GWや夏場などの繁忙期でなければ、近所に宿を取ってここに通うことも可能だという。
旅先でやってみたいことのリストが、また1つ増えた。
a0151355_2073954.jpg

米沢織の最大の特徴は、紅花やさくらんぼの枝など
天然の素材だけを用いた草木染めで先染めされていること。
それにより、化学染料では出すことのできない、柔らかく繊細な色味が生まれるのだ。
近頃では栗のイガを煮出して、新しい色を作り出すことに成功したのだそう。
a0151355_2075735.jpg

施設内には美しい着物や帯の数々も展示されている。
上の写真は「出羽花織」という着物にクローズアップしたもの。
今までに見たことがない色のコンビネーションに、すっかり魅了されてしまった。
ここだけではないことだが、この貴重な伝統技術の後継者が少なくなっているという。
こういった話を聞くたびに危機感が募るのだが……。

また、ここでは紅花染めの体験もできるのだそうだ。
最近はすっかり着物モードになっているので、またゆっくり訪れてみたい。
[PR]
by nekonohana0330 | 2010-04-03 20:10 |