*PROFILE* 主に旅行誌で活動中の女性エディター/ライター、平林朋子。 食と酒と猫と海と沖縄を心から愛し、国内外を行脚中。 雑誌・書籍の企画、編集、執筆、何でもおまかせください。丸ごと一冊発注もOK!


by nekonohana0330
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日、銀座にオープンしたアバクロを、さっそくチラ見してきた。
場所は中央通りに面した銀座6丁目の交差点の角。
そして堂々の11階建て。
どうやら出店するにあたりずっと角地を探していたというウワサもあり、
アジア初店舗として、満を持してのオープンらしい。
a0151355_2385594.jpg


今日は開店前から500人ほどが並ぶ行列だったそう。
オープン時にプレゼントされるポスター狙いの人も多かったのだろう。
わたしが14時頃行った時には、30~40人くらい並んでいただろうか。

並ぶ人たちを横目に入り口から覗くと、
「ここはクラブか!?」というほど店内は暗く、
なぜか外国人のお姉さんが踊っていた。
(そういえばハワイのアバクロも、系列のホリスターもなぜか店内は暗かった)
そして入り口には、ストア・モデルと呼ばれるイケメンのお兄さんが2人♪
写真撮ってもいい?と聞くと、気さくに応じてくれた。
数日前のプロモーションの時と開店時には
チョコレートのように割れたみごとな腹筋を見せていたそうだが、
この時点ではTシャツ着てました。残念!?
a0151355_2393369.jpg


店の前を通るだけでも、アバクロ・オリジナル香水の香りがプンプン。
きっと店内に数分いたら、みんな同じ匂いになるはずだ。

その後に用事があったため、店内潜入は断念したが、
取材拒否というのも、彼らの戦略の一つだと思われる。
テレビやWEB上でもかなり取り上げられているのに、
広告費はタダというのは、かなり賢い。
アバクロでの買い物後に、ショッピングバッグを持って歩く女性たちも
タダで宣伝してくれているようなものだし。
銀座四丁目の交差点をアバクロ・トラックが走っていたので、
そこには宣伝費を掛けたということか。
a0151355_2394828.jpg


しかし、今までの日本でのアバクロの価値と言うのは、
ひとえに「国内では売っていないブランドだったから」。
それを日本に持ち込んで「セレブ御用達ブランド」と
喧伝するのはいかがなものか。
あ、喧伝してるのは日本のマスコミか。
彼らは何もそんなこと言ってないのだから。

かくいうわたしも、ハワイに行くと買い込んでたりした過去もありましたが、
日本では買わないだろうなーと思ったのでした。
だって、要はちょっとオサレなカジュアルファッションですもの。

あとはコストパフォーマンスが気になるところ。
価格はTシャツが5000円台、デニムが2万円台、
パーカーが1万円台から、ジャケットが3~4万円台らしい。
ハワイで買う場合と比べると、だいたい1.5倍以上と思われる。
ファストファッション大流行中の銀座にデビューしたが、
さあ、デフレ日本でこれからどうなる、アバクロ。
[PR]
# by nekonohana0330 | 2009-12-15 23:11 | NEWS

中国ってスゴイ!?

やらなければいけない仕事があればあるほど、
急がなくもいいことをやってしまうという
難儀な性格のわたし。
ブログなんて原稿書いてからでいいじゃないかと思いつつ、書いちゃったりして。
でも〆切には絶対に間に合わせるのだが。


仕事やプライベートで海外にはよく行くほうだと思うが、
実はまだ、中国に行ったことがない。
同業の友人が中国語に堪能で、台湾や中国によく取材に出ているのだが、
彼女からいただいたおみやげが、この「グリコのお菓子@中国バージョン」だ。
a0151355_1712884.jpg

ポッキーは「百奇」、
プリッツは「百力滋」、
コロンは「可○(文字化けしそうな中国の漢字)・・・
うーん、わかるようなわからんような。
それにしても、麻婆豆腐味とか北京ダック味とか上海蟹味とか、
ホントにこれお菓子にしちゃっていいの?と
突っ込みたくなるフレーバーのチョイスが
中国たる所以なのだろうか。
実はまだこわくて食べてない(汗)・・・
おいしかったらまたレポートします。

ちなみにタイでプリッツを買ったときは、
「ラーブ」フレーバーというのがあった。
このラーブとは、タイ料理のひき肉を使ったピリ辛サラダ。
これはけっこうイケて、ビールのつまみにぴったりだった。


しかしこのブログ、まだ知り合いには教えてないので当たり前なんだけど、
誰も読んでないと思うと、寂しいようなホッとするような(笑)。
[PR]
# by nekonohana0330 | 2009-12-14 15:21 |
会社勤めで14年、フリーランスになってから6年。
天職と心定めて、せっせと続けてきたのが、エディター&ライターの仕事だ。
しかし出版業界(だけではないけれど)は未曾有の不況に突入し、
2009年上半期の統計では、なんと半年間で119もの雑誌が休刊したという。

だけどこんな時代だからこそ、紙媒体を愛する自分に何かできないだろうか。
媒体は違えど、WEB上で書き連ねて行くことで、
何か新しい意味が見出せるのではないか、と思ったりしている。
同じ気持ちを持つ方に出会えたら、と期待もしつつ……。

そんなこんなで、「やらねばやらねば」と思いつつ
形になっていなかったブログが、やっと本日オープンです。
これで仕事が増えればもちろんラッキーですが(甘いかな)、
読んでニヤリと笑ったり、共感していただければ幸いです。

日々のよしなしごとを、笑いあり、マジメなテーマありで綴って行きますので、
あたたかく見守ってやってくださいまし。


*******


今年も残すところ、あと2週間とちょっと。
前からずっとやりたくて、でもできていなかったのが和服を着ることだった。
今年の夏、やっと浴衣デビューが完了。
今はお太鼓という帯の結び方で四苦八苦しているけれど、
お正月にはなんとか一人で着られるようになるのを目標としている。

昨日は、近所にお住まいの先生に自宅まで来ていただき、
プライベートレッスン。
贅沢~☆だけど、営利目的でやっておられる方ではなく、
着物の楽しさを伝えたい、ということで
とてもリーズナブルな(申し訳ないくらいの)謝礼でいつも教えていただいている。

レッスンが終わった後は、
横浜在住の友人と久しぶりにご飯を食べようということになり、
そのまま和服でお出かけ。
結局イタリアン2軒ハシゴして、二人でワイン3本空けてしまった…
そして朝までカラオケ。ってどうなんでしょう・・・(汗)。

ひとつわかったのは、「和服での飲み会もアリだ」ってこと。
紐や帯の締め方ひとつで、着崩れせずに、かつ長く着ていても
大丈夫なやり方があるということを教えていただいたから。
カラオケで歌って踊っても大丈夫!
そしてモテます(笑)。
(先生、ごめんなさい・・・)

和服着てみたいなと思っている方に、
先生方が主宰している「キモノさーくる華会」を
ぜひおすすめしたい今日この頃なのだった。
[PR]
# by nekonohana0330 | 2009-12-13 23:21 | 和服