*PROFILE* 主に旅行誌で活動中の女性エディター/ライター、平林朋子。 食と酒と猫と海と沖縄を心から愛し、国内外を行脚中。 雑誌・書籍の企画、編集、執筆、何でもおまかせください。丸ごと一冊発注もOK!


by nekonohana0330
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:八重山そば ( 3 ) タグの人気記事

八重山そばプチ連載も、今回が最終回。
a0151355_23363368.jpg

観光客もよく行く定番の場所で、取材にも何度か訪れているけれど、
落ち着けて気に入っているのが、この「舟蔵(ふなくら)の里」。
市街地からも車で15分くらいで訪れることができる。
緑に包まれた広い敷地内には赤瓦の屋根の古民家が点在し、
ギャラリーなどもあるので、散策するのも楽しい。
a0151355_2337199.jpg

団体客がいる場合などは
沖縄民謡のショーなどもあって賑やかなようだけど、
先日訪れた際は、ゆっくり食事ができた。
a0151355_2337393.jpg

八重山料理のコースをいただくこともできるけれど、
ランチだったこともあり、トラディショナルな八重山そばをいただく。
石垣にいる間は、毎日八重山そばを食べないと気が済まないのだ。
ここのそばも、だしがしっかり効いていて、自然な甘みが体に沁み込んで来る。

そして今回初めて食べた、隠れた一品が「長命草のざるそば」。
a0151355_2336951.jpg

八重山地方、特に与那国島でよく見られる野草「長命草(ボタンボウフウ)」は
古くより万病に効く薬草として知られ、料理に用いられてきた。
喘息や肝臓病、腎臓病、高血圧などに効くといわれている。
ちなみにわたしの父はこの長命草茶(葉を乾燥させたもの)のファンで、
血圧が自然に下がるといって喜んでいるので、
いつも石垣に行くと、たんまりお茶を買って帰るようにしている。
(沖縄本島では売っているところを見たことがない)

この長命草を練りこんだざるそばは喉越しもとてもよく、
わずかな苦味が大人の味、という感じでとても気に入った。
またしても、泡盛の翌日に合うなぁ、と思ったりして……。

そういえばこの長命草、資生堂のサプリやドリンクとしても販売されている。
このHPは音楽と与那国島の映像がきれいだったので、つい見てしまった。
長命草の写真も見られるので、CMをするつもりはないのだけれど、
もしご興味があればどうぞ。

八重山に行けば行くほど、島や海の美しさ、
そして食の豊かさに癒される。
また行こう、あの島々へ。
[PR]
by nekonohana0330 | 2010-09-28 23:44 |
さて、八重山そば プチ連載の第2回。
今回は変り種をご紹介したいと思う。

石垣島の中心街にあるその店の名は、「台湾料理 美好」。
電話番号もあるのかどうかわからない、謎の店だ。
営業日も営業時間もはっきりしなくて、
行ってみて開いていたらラッキー、という感じ。
今までに何度も足を運んだけど、打率はかなり低かった。
営業中の場合でも、店内は外から見えず、
「営業中」という札が掛けてあるのが、オープンしている唯一の証。
だからいつも、行ってみるまでドキドキなのだ。

石垣飲んだくれナイトが明けて、ちょっと泡盛が残っている日は、
どうしてもここのそばが食べたくなる。
a0151355_18464432.jpg

台湾料理というだけあって、スープに八角が使ってあるのか、
独特の風味が体に沁み込むのだ。
体内に残っている?泡盛とも、至極相性がいい。
八重山そばというにはかなり亜流だけれど、気に入っている。

先日久しぶりに行ったときは、昨今のラー油ブームに乗ってか
ラー油がトッピングされていた。
この辛味もなかなかよいのだけれど、
前の八角が効いたスープの方が、個人的には好きだった。

女将さんが台湾の方らしく、いつも一人で切り盛りしている。
また運試しに、石垣に行ったら寄ってみたい店だ。
a0151355_1847720.jpg

[PR]
by nekonohana0330 | 2010-09-22 18:50 |
沖縄には有人島だけで48島あるといわれているが、
そのうち35島くらいは行ったことがあると思う。
中でも好きなのが、石垣島だ。
八重山諸島のキーになる島で、竹富島や西表島など、
他の島に渡る拠点になるのも大きいけれど、
いい居酒屋やバー、カフェがあるのも一つの理由だ。
石垣島に行ったら、市街地で飲食店のハシゴをしてしまう。
翌日、朝早くから取材が入ってても、ついつい……。

実はもともとは、沖縄そばは脂っこくてしつこい印象があって、好きではなかった。
だけど、八重山そばを食べてその考えが変わった。
(以前、紹介した那覇の「栄町ボトルネック」もエポックメイキングなそばだと思う)

本島の多くのそばのように平打ちの麺ではなく、
八重山そばは細い丸麺。
そしてダシが効いているのだけれど、あっさりとしたスープ。
わかりやすく言うと、こういう違いがあるだろうか。
a0151355_19331386.jpg

今のところ、わたしのベスト・オブ・八重山そばは、
石垣島にある「来夏世(くなつゆ)」だ。
何度か取材したけれど、その旨さは変わらない。
店主のおばあさんが、お年を召してから
一念発起して始められたというエピソードも素敵だけれど、
一軒家をそのまま使った店の造りも落ち着けていい。

そして、一度口にしただけで、
甘みが体中に沁みこむようなスープのすばらしさと言ったら……!
スープに柔らかく絡む麺とのマッチングがたまらない。
半分ほど食べたところで、八重山名産のスパイス「ピパーツ(ヒハツなどとも言う)」を掛けると、
シナモンのような独特の風味が効いて、また美味しくなるのだ。

料金も魅力的だ。八重山そばの大550円、中450円、小350円。
ジューシー(炊き込みご飯)か赤米ごはんとのセットでも600円。
都内の高値のラーメン屋と一概に比べてはいけないだろうけど、
本当に良心的だと思う。

石垣島に行ったなら、ぜひお立ち寄りあれ!
ただし、店内には冷房がないので、汗だくでいただくことになるけれど。
でも一度行けば、あなたも必ずや、スープを最後まで飲み干すことになるだろう。

八重山そばについては、この後も連載(というほどのものでもないけれど)するので、
お楽しみに~☆
[PR]
by nekonohana0330 | 2010-09-17 19:35 |